スポンサーサイト

  • 2016.06.29 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    レシピエントとドナーの関係

    • 2015.06.08 Monday
    • 09:00
    久しぶりのブログ。

    移植かる7か月。
    本日外来日なので、いつも寝坊する私も月に一回の本気を出して病院へ

    私の場合は、腎臓やら糖尿やらで6本分採血されます?

    透析時に麻酔シールみたいなのを貼りわすれた時に比べるとアリンコ並みの注射です?

    ※もし、身近に透析をしている人が居たら「今日もよく頑張った」って言ってあげて欲しいです。
    透析しても「辛いやろ?」「痛いやろ?」「可哀想に」等言われるけど、あまり誉めてもらう機会がないので…是非?

    話がそれてしまいました。

    6か月位にムーンフェイスで悩み、7か月位には落ち着きだし、代謝をあげて行かないとダメですね…

    浮腫みの状況
    私だけなのかもしれませんが…まだ、カレーを食べると一時間後には、浮腫みます?
    リンパマッサージをしない日は、体が重たいです…

    やっぱり腎臓は、1つだと言うことを思い知らされ…
    ありがたみも再度確認出来ます(笑)

    外来では、
    移植患者が会う機会が多く、私の1つ前に移植した方とは、よく会えます?

    その方は、旦那様がドナーでとっても仲がよく「透析してるのが可哀想で…沢山のいろんな所に一緒に行きたくて…」って言う旦那様の言葉から、ずっと夫婦で病気と向き合って来た夫婦なんだろうなぁって感じました。

    私も、ドナーとの関係について悩みました。
    私の勝手で、ドナーの体にメスが入る事や…罪悪感で…
    私さえ、我慢して透析で少しでも生きれたらと思ったり…

    でも、ドナーの父の思いを有りがたく受け取り、その気持ちに応える事が、私の人生なのだと感じています?
    だから、ドナーの父よりは先に死ねません。
    命を繋いでもらったドナーとドクターや医療機関のサポートと家族の支えは、貴重な体験の宝物です。

    もし、明るい未来を見ている人は、沢山の選択の中に「移植」を選択の1つにしてください。

    不安を抱えて、前に進めないなら、とことん悩んでください。

    写真は、癒しのゴメスです。
    移植患者は、動物からの菌を貰うと危険ですが、私の場合ですが衛生的にした環境でなら、一緒に暮らせてます。
    個人差があるので参考にはなりませんが…




    スポンサーサイト

    • 2016.06.29 Wednesday
    • 09:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM